よくある質問

Q:まほろば赤牛ってどんな牛ですか。

A:赤毛や褐毛で赤身の多い肉質の牛です

一般的な和牛は黒毛和牛種が多いです。特に金井畜産では奈良県ブランドの「大和牛」を育成が主力としていますが、最近、健康志向で赤身肉の需要が伸びてきています。そこで当牧場でも脂身の比較的少ない赤牛を育てています。赤牛は全国的にも5%しかない貴重な牛です。主な生産地は熊本や高知などですが、当牧場でも少しづつニーズに応じて増やしています。赤牛は文字通り赤毛や褐毛の牛で赤身の多い肉質です。この赤牛を当牧場のオリジナルブランドとして「まほろば赤牛」と命名しました。大和牛に続く奈良県ブランド牛として消費者の皆さんに喜ばれる肉牛生産をめざします。

Q:牛を熟成させるとはどういうことですか。

A:育成期間を伸ばし牛肉の肉質に旨みを醸成する方法です。

牛肉の育成期間は概ね12ヶ月以上で成牛となり出荷されます。当牧場では12〜24ヶ月まで育成期間を伸ばします。これは生育したままで、牛肉の肉質に旨みを醸成する方法です。成育を長く伸ばせばよいというものではなりません。適度な見極めが重要です。当牧場ではいちばんおいしいを見極めて出荷します。
しかし、育成を長くするとコストが増えて牧場経営はしんどくなります。ですがおいしい牛肉を食べていただくためにがんばっております。

Q:牛肉の保存期間はどのくらいですか。

A:肉の部位により違いますが冷蔵で2日程度、冷凍で1ヶ月程度です。

牛肉は屠殺し精肉加工し店頭に並ぶまでに約10〜14日冷蔵経過しています。これは肉質を柔らかく、旨みをだすためにおく期間です。従いましてすぐにお召し上がり頂くのがベストです。また余った肉をご家庭で保存する場合は、肉の部位により違いますが冷蔵で2日程度、冷凍で1ヶ月程度です。出来るだけお早めにご賞味ください。

こだわりの赤身肉

おいしくてヘルシーな赤身牛
金井牧場オリジナルブランド
まほろば赤牛

まほろば赤牛とは

良い牛肉は良い環境から
肉牛がストレスなく育つ
金井牧場の環境

牧場について

バイヤー・飲食店さまなど 卸・業務販売承ります

金井牧場直営 金井精肉店