鎌倉時代からの銘牛、感動肉牛「大和牛」

金井畜産は奈良県ブランド「大和牛」の生産奈良県随一を誇る。
平成30年 第42回大和牛枝肉共励会の品評会で優勝賞を獲得。
健康でおいしい感動肉牛を生産するために、ストレスのない環境とバランスの良い飼料で、しっかりした肉質の健康牛を育て、牛肉のある幸せな食の提案をめざす肉牛生産農家です。

ストレスのない環境とバランスのよい飼料で、しっかりした肉質の健康牛を育て、お客様へ健康でおいしい感動牛肉の提供と、牛肉のある幸せな食の提案をする奈良県随一の大和牛の肉牛生産農家です。
当牧場は、常に1,600頭の牛を肥育しています。中でも大和牛は奈良県でも一番の肥育頭数を誇ります。奈良県ブランド大和牛は、鎌倉時代から全国の銘牛10牛の中に入っている古くからの銘牛です。おいしい牛肉は、健康に育った牛が命です。当牧場では1,600頭の牛を毎日、一頭づつ熟練した職員が寄り添い見守ります。

健康な牛肥育は、毎日、1,600頭との牛との対話

牛はものは言いません、だから、何を欲しがっているのか、牛の調子はどうかを、一頭一頭、人間が見守って気をつけてやらなけらばいけません。我が子を育てるように、牛からのサインをいかに感じてあげるのかが大切です。
当牧場は、熟練の職員が毎日、一頭一頭対話します。人間と同じで、得てして体調が悪い時や怪我なども起こります。調子の悪い牛は資料の配合を変えたり健康管理に気をつけるのです。1,600頭を毎日密度濃くコミュニケーションすることは大変な作業ですし、熟練技が必要なことなのですが、手を抜くことなく、頑なに徹底します。
健康で安全なおしいし牛肉は、こうした健康管理にあります。金井畜産牧場はここに、こだわるし、その理由がある訳です。

成長段階に合わせた飼料

牛は、子牛から成牛になるまでには大きくするために牧草中心で育てます。
成牛になって体を大きくしてからは、肉の脂をつけるために穀物を多くした飼料を大量に与え、運動もあまりさせず太らせます。こうして霜降りの脂の多いやわらかい肉質の牛が育つ訳ですが、本来、牛は草を食べて生きて来たことを忘れてはいけない。
当牧場の牛は牧草と穀物のバランスを考えた飼料でしっかりした肉質のおいしい牛肉を目指します。おいしさは牛の健康第一です。

こだわりの赤身肉

おいしくてヘルシーな赤身牛
金井牧場オリジナルブランド
まほろば赤牛

まほろば赤牛とは

良い牛肉は良い環境から
肉牛がストレスなく育つ
金井牧場の環境

牧場について

バイヤー・飲食店さまなど 卸・業務販売承ります

金井牧場直営 金井精肉店