まほろば赤牛 YouTube動画

奈良食べる通信で紹介されました。

奈良には『大和牛』というブランド牛がある。この良質な黒毛和牛は霜降りもよく、多くのシェフや美食家から高い評価を得ているが、生産量も少なく、高価なものとして口に入りづらくなっている。その『大和牛』も飼育している金井畜産では、食のヘルシー志向や熟成肉のブームなどを受けて、赤身と脂のバランスがよい赤牛の導入を始めた。従来の霜降り礼賛ではない、しっかりと旨味のある奈良の新たなブランド牛を目指している。良質な『大和牛』を育てるノウハウを生かし、水と空気が美しい宇陀の地で育てる『まほろば赤牛』の魅力とは? また、同社社長の金井啓作さんは、新潟出身ながら、10代から奈良県内で、食肉の卸しから畜産へと、肉に関わり続けてきた。金井さんの生き様と、奈良の畜産現場と食肉流通の変遷も追いかける。 奈良食べる通信より